メインイメージ画像

リフォーム時にオーディオルームを作ることについて

余裕ある大人の趣味として、最近、中高年の人たちに人気が高まっているのがオーディオです。オーディオといっても普及品のオーディオではなく高級オーディオといわれているもので、大変高価なものです。

通常オーディオは、アンプリファイアやスピーカー、レコーダーなどが合わさっていますが、高級オーディオはすべて別売で、自分の好みに合ったスピーカーやアンプを購入して、自分好みの音を構築していくというスタイルです。価格は当然ながら大変高価で、スピーカーだけでも500万円くらいのものもあるほどです。

こうしたオーディオ機器は、リビング等に設置して楽しむのもいいのですが、オーディオルームを作って楽しむという人も多いのが特徴です。この類いのオーディオを購入するくらいなので金銭的にも余裕のある人ばかりで、オーディオルームに改造してオーディオを楽しんでいるという人も結構います。

オーディオ部屋をリフォームするにはそれなりの費用を必要とします。普通の壁では音漏れが起きますので、専用の壁を設けて音が反響しないようにする必要があります。

この様な工事をすることで、とってもきれいな音を聞くことができ、高級オーディオの性能が発揮されるのです。だからリフォームの費用もそれなりに高額になり、部屋の大きさにもよりますが、最低であっても300万円程度は必要です。

また、自宅を新築する時にあらかじめオーディオルームを設置する人も多数います。はじめから作った方が費用も安く抑えられますし、設計もオーディオ部屋用に変更できます。

こうしたオーディオルームに関して、最初から作りリフォー・する場合には、専門の業者に頼むことになりますが、工事ができる業者は限られています。従って、オーディオショップなどに相談するのがおススメです。最適な業者を紹介してくれますし、コストがどのくらい必要なのかも教えてくれますので、用意しやすくなると思います。気持ちよい音を聞きながらゆったり過ごすのもいいものです。